一般財団法人 瑞陵高校助成基金は、瑞陵生の学びを深めるための支援を行っています。

ITF2014日程別_11

日程別レポート  8月9・10日(11・12日目)

 このページは参加生徒の分担による「一周年記念海外学習の記録」を元にしています。必ずしも日程毎にはなっていませんが、生徒達がたどった道筋の記録です。ご覧いただけますと幸いです。各項目のクリックで該当ページに移動します。間違い等は、お許しください。

  7月30日  /  31日   続き  /  8月1日   続き  /  2日   続き  /  3日   続き  /  4日   続き
       5日  /  6日  /  7日  /  8日  /  9・10日  /  財団のトップページへ戻る

8月9~10日   帰国

 長かった旅もあっという間に終わり、ついに帰国の日となりました。ミラノから移動したときに使ったオルリー空港とは違う、少し郊外にある、シャルル・ド・ゴール空港から乗り、フィンランド航空を使いヘルシンキ空港を経由して中部国際空港まで帰りました。
 ホテルから空港までのあいだ、パリとの別れを惜しもうと景色を見ていたのですが、途中で寝てしまい、少し損をした気持ちでした。 空港についてチェックインをするときにとても並び、この旅で一番並んだのではないかと思います。旅のあいだにも思いましたが、とても中国人が多かったです。荷物の重さ制限にドキドキしながらチェックインを終えました。搭乗口へ向かい、最後のお土産にと考えていたフランスパンを買おうとしましたが、どこにも売っていなくてものすごく残念でした。そのほかにたくさんあるお土産屋さんで最後の買い物をしました。
 パリを発つとき、楽しかった思い出をたくさん思い出し、日本食や日本の環境への恋しさ、そして旅が終わり日本へ帰ることへの寂しさが入り混じる複雑な気持ちになりました。旅の疲れがたまってか離陸する前に寝てしまい途中のゆれで目を覚ましました。
 そのあとに出た機内食は今までに食べたことのないような、発酵したにおいのするあまりおいしくないパンのようなものでした。その後もうとうとしながらボーっとしたり寝たりを繰り返していましたが後ろにとてもかわいい小さい子が座っていてその子のおかげで少し疲れがとれたような気がしました。
 私は一番窓側の席に座っていて、窓からはとてもきれいな景色を見ることができました。外側の窓のふちには氷の結晶のようなものがたくさん見ることができてうれしかったです。そんな風に楽しみながら乗っていたのであっという間にヘルシンキ空港に着きました。

遅延を知らせる案内表示

 空港についてすぐ、どこのゲートかをチェックしに行きました。すると17時15分発の予定だった飛行機が台風の影響で22時30分発になっていました。遅れていたのは名古屋行きの飛行機と、大阪行きの飛行機のみでした。当初の予定では乗り継ぎの時間が1時間ほどしかないといわれていて、買い物はできないかと思っていました。それが、5時間ほどに延びてしまいました。帰れないのではないかと思っていたので少し安心しました。それに、お買い物もたくさんできます。

人通りもなくなった空港内

 しかし5時間もあるのかと思うと、少し気が遠くなりました。行きで見切れなかった空港内のお店をたくさん見て、余ったお小遣いで買い物をしました。空港にはムーミンのお店やマリメッコのお店があります。ムーミンショップはとてもかわいくて見ていてたくさんのものが欲しくなりました。マリメッコも聞いたことのあるブランドで、飛行機のブランケットにも使われているブランドでした。そこで、家族へのお土産を買いました。カフェでご飯も食べました。そこを拠点として動きましたがやることがなくなってしまいました。もって行った宿題もスーツケースに入れて預けてしまい、少し後悔しました。やることはどんどんなくなり、携帯をずっと触っているのも疲れてしまいます。ついにはお店もほとんど閉まってしまいました。

 何かを食べようと、飲もうとしても、開いているのは免税店ばかりで軽い食事のようなものもできません。そうこうしているうちに時間が近づいてきて、他の人たちがいる場所へ移動しました。すると、とてもきれいな夕日が見られました。どんどん沈んでいく様子が見えてとてもうれしかったです。

遅い日の入り

 この写真はそのときのものですが、実はこれ21:30ごろの写真です。旅行中も日が暮れるのが遅くて体内時間が狂ってしまいそうでしたが、フィンランドはもっと遅かったです。みんな写真に収めて、動画をとっている人もいました。私は途中飛行機が通ったときに見とれてしまいシャッターをきれませんでしたが、その共演もまたきれいでした。
 ほとんど日が沈んでから搭乗口のほうへ行きました。搭乗口へ近づくとどんどん人が増えていきました。主に免税店があり、そこでは最後のお土産を買いました。せっかく長いあいだフィンランドに滞在したので、フィンランドらしいマグネットを購入しました。世界一まずいお菓子といわれるグミが売っていて、それを買った方からひとつもらいましたがやっぱりまずかったです。

座席前のスクリーン

 その後すぐ、飛行機に乗り込みました。そして予定通り離陸しました。飛行機では、各座席の前にスクリーンがありエンターテイメントを楽しむことができます。映画やゲーム、音楽を聴くこともできます。行きでは映画数本とアニメ数本、音楽も何曲か聴きましたが行きは映画一本見てすぐ寝てしまいました。機内食は、ご飯とえびの炒め物か、ペンネでした。もうすぐ日本に帰るからペンネを食べようかと思いましたがどうしても日本食が恋しく、ご飯の機内食と温かい緑茶おもらいました。久しぶりの日本の味にとても落ち着きました。
 大きな揺れもなく、無事に何事もなくセントレアにつくことができました。久しぶりに感じる日本の空気にとても安心感を感じましたし、日本の良さがとても目に見えてわかるようになりました。このようにこのメンバーで海外に行く機会はもう二度とないと思います。このような経験ができて本当によかったです。

 日程別レポートは以上で終了です。ご高覧、ありがとうございました。